温故知新2「災害への対策」手話通訳問題研究特集シリーズ

1,300円(内税)

型番 B9019
定価 1,300円(内税)
販売価格

1,300円(内税)

購入数








企画・編集・発行/一般社団法人全国手話通訳問題研究会
装 丁/A4判82頁
発売日/2019年3月20日

自然災害が多い今だからこそ過去の災害への対策を学び考えよう!

研究誌「手話通訳問題研究」の記事を分野別に再編した「温故知新」シリーズ第2弾。
「災害への対策」をテーマに阪神淡路大震災をはじめ東日本大震災、熊本地震、
その他災害への地域の取り組みなど研究誌の特集記事を1冊にまとめました。

【 目 次 】
第1 章 阪神淡路大震災
第2 章 東日本大震災
第3 章 各地域での災害時の取り組み
   ■東海村臨界事故発生から周囲への影響
   ■有珠山噴火に伴う、避難時の取り組み
   ■「防災・減災」今の自分たちにできること
   ■「災害時における聴覚障害者に対する
    業務に関する協定」を新宿区と締結
   ■緊急災害対策3 点セット
   ■防災マニュアル作成の取り組み
   ■地域住民に“気付き”を与える働きかけを
   ■「 平成28年(2016年)熊本地震」への
    取り組みからみえる教訓と課題